ページトップへ

おとな女性のご褒美たび

公式 美めぐりふくい

おとな女性のご褒美たび

公式 美めぐりふくい

ここにいけば福井のグッドデザインが見つかる『SAVA!STORE』

大切に使いたくなる、物語のあるもの

福井のものづくりにこだわったグッドプロダクツに出会える、鯖江市河和田町の「SAVA!STORE」。隣接するデザイン事務所「TSUGI」プロデュースによるこちらのお店には、こだわりの目線で選ばれた伝統工芸品やオリジナル雑貨などが所狭しと並んでいます。

質の良い工芸品に遊び心が加わったような楽しいデザインのものから、資源を無駄にしないエシカルなものづくりにこだわった雑貨まで。近くにおいて、大切に使いたい商品ばかりです。小学生のお子さんの自由研究から発想を得て誕生した廃棄野菜が原料の「フードペーパー」や、飼料や飼育方法にとことんこだわった福井県の地鶏「福地鶏」で作られた「ふくたまごマヨネーズ」など、それぞれの商品が持つストーリーにもひかれます。商品の背景を知ることができるのは、現場に近い産地ならでは。

デザイン会社ならではのセンスが光るオリジナル商品

ポップなデザインが目をひく「SAVA!STORE」オリジナル商品もおすすめです。メガネの端材の再利用をきっかけに生まれた「sur」のアクセサリーは、どんなシチュエーションにも合うシンプルで洗練されたデザインが人気。「めがねのまち」として知られる鯖江市の眼鏡工場で作られているというところもなんだか魅力の一つに思えます。

マスクをつけながらでも楽しめるイヤーカフは、重ねづけも楽しいアイテム。思わずクスッと笑ってしまうゆる〜いデザインでつい買ってしまうTシャツやキャップなど、他にもワクワクなアイテムが揃います。

産地だから出会える、ものづくりの”いま”

TSUGI運営による体験型マーケット「RENEW」開催でも注目を集めている河和田町。「RENEW」をきっかけに訪れる方が増えたことで、2019年に直営店『SAVA!STORE』をオープンしました。それまではパッケージやホームページをデザインするまでを担当していたのが、実店舗を持ち、買い手に商品の背景を直接伝えることができるように。

作り手の思いや製作の経緯を知ってもらうことでより商品の魅力が伝わり、ダイレクトな反応をいただける。そこまでフォローして意味がある、と話すSAVA!STORE ショップマネージャーの安田さん。製品の特徴や作り手の思いを丁寧に伝えることを大事にしているそうです。『SAVA!STORE』がある複合施設「TOURISTORE(ツーリストア)」には、漆器工房や観光案内所、レンタサイクルも。人気の「TOKYOBIKE」で河和田をめぐるのもおすすめです。河和田の歩き方に迷ったら、ぜひここへ。

infomation

SAVA!STORE
〒916-1222 福井県鯖江市河和田町19-8(地図
電話/ 0778-25-0388
営業時間/平日 12:00~18:00
土日祝 11:00~18:00
定休日/火・水(火・水が祝日の場合は営業いたします。)

HP:https://savastore.jp

Instagram Facebook

最終更新日 : 2021年3月24日